ローヤルゼリーの副作用って?

いろいろな効果・効能があるローヤルゼリーなのですが、まれに副作用をおこすことがあります。
自然食品なので、大きな害はないのですが、アトピーや喘息・花粉症の人が服用すると、アレルギー反応を引き起こすことがあります。
ローヤルゼリーには、豊富な栄養素が入っています。
天然の植物の花粉や蜜です。
働き蜂はあちこちいって、いろんな種類の草花の花粉や蜜を集めてくるので、アレルギー反応が出るのは、当然のことかもしれません。
アトピーや喘息・花粉症の人は、ローヤルゼリーを取るときは注意する必要があります。
少なめに取るか、取るのを止めておくほうが良いです。
ローヤルゼリーは、薬ではなく、自然健康食品なので、一日に飲む量は決まっていませんが、だからといって取りすぎるのは、良くありません。
一日に取る量が決められているので、とる量を守ることが大切です。
最も効果的な飲み方は、自分の体重によって、とる量を増やしたり、減らしたりすることです。

●ローヤルゼリーの摂取量
一日に300mg~1g(体重1キロのつき10mg)
いくら体にいい食品でも、人それぞれの体質に合わないこともあります。
少しでも、体に変化があれば医師に相談することが大事です。
ローヤルゼリーを飲んで、体調に変化があったとしたら、ローヤルゼリーの効き目があったということですが、体調の具合が悪くなったのなら、やはり医師に相談したほうが良いでしょう。
※ ワルファリンカリウム(血液凝固阻止剤)を服用している場合は注意することが大切です。
血栓症の治療に使われていて、副作用として、効きすぎると出血が止まらなくなることがあります。
下痢や吐き気などの症状が出ることがあります。
ローヤルゼリーの品質が決まるのは、とりたてのローヤルゼリーの鮮度・栄養分をどのようにしてキープするのかによって、決まってきます。
乾燥方法にもよりますが、ローヤルゼリーを採取して、72時間以内に乾燥処理されたものは、品質が良いということになります。

こちら、お勧めサイトの生ローヤルゼリーの鮮度を保つためにの解説ページも参考になります。
宜しければご覧になってみてください。

副作用や後遺症はなるべくなら避けたいことです。
レーシック難民と後遺症もよろしければご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2012 ローヤルゼリー解説サイト All Rights Reserved.