ローヤルゼリーは、自律神経にも効くの?

ローヤルゼリーは自律神経に効くのでしょうか? このことには、はっきりとした、事例がないようですが、ローヤルゼリーの中に、脳にいい物質、アセチルコリンが含まれていることは確かなことです。
自律神経には、交感神経、副交感神経があり、間脳という脳の部分がつかさどっています。
インターネットを見ていますと、間脳にアセチルコリンが直接作用して、自律神経が良好になるという意見が圧倒的に多いです。
でも、はっきりとしたことは、わかっていないようです。
もし、自律神経の調子がよくなったとしたら、考えられることは、ローヤルゼリーの中に入っている豊富な栄養素、ビタミン、ミネラルなどが、自立神経の改善に役立ったということが考えられます。
ローヤルゼリーに含まれているビタミンの中にコリンという物質が含まれています。
ローヤルゼリーの豊富な栄養素を最大限に活かせる、ローヤルゼリーの飲み方は、あるのでしょうか。
ただ、薬のように食前や食後に飲めばいいのでしょうか? このような、健康食品は、できるだけ続けて飲むのが、その効果を実感できるのですが、どのようなときに飲むのが一番効果的なのでしょう。
一般的には、サプリメントなどの健康食品は、食前よりも食後に飲むほうが効果的とされています。
食べたものと一緒に胃で消化され、体の中で栄養素が吸収されやすいからです。
ローヤルゼリーも、ただの例外ではないようです。
食後、できるだけ、時間を空けないように飲むのが良いです。
ローヤルゼリーに限らず、サプリメント等は、食後に決められた分量を服用し、飲み忘れないように、飲み続けることが、最も効果的な飲み方です。

また、ローヤルゼリーの効果的な飲み方についてピックアップしているサイトは他にもあります。
参考になさってみてください。

サプリメント等は、薬のように即効性はなく。
すぐに効果を実感することができるというものではなく、食品なので長く続けて飲むことで、効果を実感できるというものです。
※ サプリメント等の飲み忘れに注意することも大事。
飲む時間を決めておくことと、目に付きやすいところにおいておくなど、工夫することが良いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2012 ローヤルゼリー解説サイト All Rights Reserved.