ローヤルゼリーとプロポリス

ミツバチに関係する食べ物、ローヤルゼリーもそうですが、プロポリスと呼ばれるものがあります。
どちらも食べる物に違いはないのですが、体の中での役割が違います。
また、中に、含まれている成分も違います。
ローヤルゼリーは、栄養豊富で食べると体が強化されますが、プロポリスは、強力な殺菌効果があり、ばい菌から身を守っています。
プロポリスは、植物に樹脂に働き蜂の唾液が混ざって出来たもので、働き蜂は巣の強化剤として使っています。
また、菌の侵入を防ぐために、自分の体に塗ります。
ローヤルゼリーは、女王蜂の特別な栄養食なのですが、プロポリスは、巣を守りためのもので、含まれている成分も全く違います。
ローヤルゼリーは、アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富なのに対して、プロポリスは、フラボノイドという成分が入っています。
よく、ローヤルゼリーと混同されますが、体の中での役割も、中に含まれている成分も全く違います。

ローヤルゼリーもプロポリスもミツバチがつくりだした栄養価の高い食べ物には違いがないです。
それぞれのサプリメント、両方いっしょになったサプリメントもありますが、どうゆう使い方がいいのでしょう。
いつまでも若々しくて、健康な毎日を送りたいと思っているのなら、ローヤルゼリーを、風邪などの病気に対する免疫力をつけたいのならプロポリスをのむという使い分けが出来ます。

なぜなら。
ローヤルゼリーは、女王蜂が食べる栄養豊富な特別な食べ物で、働き蜂よりも3倍も大きくて、寿命も10倍以上も長いです。
とても生命力が強いということになります。
人がローヤルゼリーを食べると、毎日健康でいられます。
プロポリスは、ミツバチが食物の樹脂に唾液を混ぜてつくった殺菌力が強い物質です。
人がプロポリスを食べると菌に対する抵抗力が強くなり、病気に対して免疫力の強化につながります。
また、傷口にプロポリスを塗ると、傷が早く治ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2012 ローヤルゼリー解説サイト All Rights Reserved.