ローヤルゼリーと蜂蜜の違い

ローヤルゼリーと蜂蜜はよく比べられます。
この二つは同じようなものとは考えないで、全く別のものと考えたほうがいいと思います。

どちらも蜂が食べるものには違いないのですが、蜂といっても
働き蜂もいれば、女王蜂もいます。

どんな蜂が食べる食べ物なのかを考えてみたことはありますか?
蜂が食べるものだからと同じものだと思っていませんか?

女王蜂と働き蜂とでは食べるものが違うのです。

ローヤルゼリーは、女王蜂が食べるもので、特別な食物です
はちみつは、ごく一般の食べ物で働き蜂が食べているものです。

http://markcortale.com/hatim.htmlにも書いてあるようにローヤルゼリーは、はちみつを食べて育った働き蜂の体液です。
はちみつは、働き蜂が運んできた花粉や花の蜜です。
だから甘くて、おいしいです。
78%も糖質で出来ていて、エネルギー源にはなります。
ただそれだけです。

ローヤルゼリーは、糖質が10%とぐっと低くて味もおいしくないです。
酸味が強くて独特な匂いもあります。
その代わりアミノ酸・ビタミン・ミネラルがバランスよく入っていて栄養は豊富です。
だから、体調を整え、人の健康にとても役立っています。

こちらにはローヤルゼリーとコエンザイムの効果について詳しく掲載されています。

特別食を食べた女王蜂は遺伝子は働き蜂と同じですが、栄養面ではかなり優遇された特別な蜂ということになります。
ローヤルゼリーを高級な蜂蜜だと思っている人もおられますが、ローヤルゼリーと蜂蜜は、できるまででもまったく違いがあります。
ぜんぜん違うものだと思うほうがいいです。

働き蜂が、花粉や花の蜜など食べたものが腸に運ばれてほかの物質と合成して出来た物質が、頭部の咽頭腺で分泌されます。
 分泌された物資は、特別な巣に運ばれ、蓄積していきます。
この物質が、ローヤルゼリーと呼ばれるものです。
つまり、働き蜂の体液ということになります。

はちみつは、働き蜂が食べた花の蜜など、胃に運ばれて消化され、ブドウ糖と加糖に分解された後、巣に戻されて熟成したもので、ローヤルゼリーが出来るまでの過程とは全くちがいます。
色も違います。
トロッとしているのは同じですが、ローヤルゼリーが乳白色なのに対して、はちみつは淡い黄色をしていて、見ているだけでも美味しそうです。

ローヤルゼリーと蜂蜜についてのサイトは他にもたくさんあります。
ぜひご覧になってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2012 ローヤルゼリー解説サイト All Rights Reserved.