ローヤルゼリーに含まれているデセン酸ってなに?

ローヤルゼリーが、美容と健康に効果的なのは、広く知られていることですが、デセン酸というと説明できる人は少ないと思います。
デセン酸は、ローヤルゼリーにだけ入っている、特有成分です。
とても栄養価が高い成分で、この成分が更年期障害の症状を軽減するというので、ローヤルゼリーが、たいへんな話題になったといっても言い過ぎではありません。
デセン酸は、脂肪酸の一種で、更年期障害の症状を和らげる効果があります。
デセン酸には、抗菌作用や、血糖値を下げる働きなどもあります。
そのほか、皮脂の分泌もコントロールされるので、肥満防止にもなります。
しかも、ローヤルゼリーの抗菌性は、とても高く、癌だと医師から宣告を受けた人がローヤルゼリーを飲んだところ、寿命を延ばすことが出来たということもあります。
そして、何よりも注目すべき効果は、女性ホルモンに似た働きがあるということです。
このために、生活習慣病は予防され、更年期障害に効果です。
更年期障害の一番治したい症状にストレスがあります。
ストレスというのは治りにくく、ひじょうに厄介な症状ですが、デセン酸が女性ホルモンに似た働きがあるので、ホルモンのバランスが取れ、ストレスの軽減につながっているようです。
脳の間脳というところに自律神経があり、デセン酸が脳の間脳に働き、自律神経が整い、ホルモンのバランスがとれ、ストレスの軽減につながります。

また、こちらのサイトではローヤルゼリーの特有成分 アビシンについて解説していました。
わかりやすく、おすすめですのでご覧ください。

更年期障害すべての症状にローヤルゼリーのデセン酸が、有効に働いています。
ローヤルゼリーが話題に上るのは、こうした、デセン酸の効果により、更年期障害特有の症状、イライラやのぼせ感が、軽減されるからです。
でも、デセン酸のこういった働きについては、今も研究中で、明らかにされていません。
女性特有の症状にデセン酸が効いていることは事実です。
ローヤルゼリーには豊富な栄養素が多く含まれているので、いつまでも若々しく、健康でいられます。
他にも、若々しくいるためにはアラキドン酸もおすすめです。
アラキドン酸は肉や卵や魚などに含まれている成分で、脳を活性化して老化を防止する効果があるので、若々しくいるためにはうってつけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2012 ローヤルゼリー解説サイト All Rights Reserved.