ローヤルゼリーに含まれているアミノ酸は?

ローヤルゼリーには、体にいい栄養素がたくさん含まれていますが、人が生きていくのになくてはならない栄養素にアミノ酸があります。
 人の体は、70%水分でできていて、水分の次に多いのがたんぱく質です。
たんぱく質は、筋肉などをつくり、神経伝達組織など、体のあらゆる組織を構成している大切な物資です。
この大切な物質、たんぱく質の成分となっているのが、アミノ酸です。
ローヤルゼリーの中には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸、合わせて22種類のアミノ酸が入っています。

ローヤルゼリーの健康効果についてはこちらをご覧ください。

必須アミノ酸は、生命活動に欠かせないアミノ酸で、体の中では、つくられないので外から補うことが大切です。
毎日の食事からだと、和食中心の野菜や果物を多めに取るように心がけます。

ローヤルゼリーに含まれている必須アミノ酸
バリン、ロイシン、イソロイシン、リジン、フェニルアラニン、メチオニン、スレオニン、トリプトファン
? リジンは、体の組織の修復や成長に役立ちます。
ホルモンの合成など。
また、ブドウ糖の代謝・肝機能の増強作用。

  • トリプトファンは、脳内ホルモンの物質を増やしたり、成長ホルモンの分泌を促進させる。
  • メチオニンは、不足すると肥満の原因に。
    血液中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除いたりする作用がある。
  • フェニルアラニンは、脳と神経細胞での神経伝達物質となる。
    うつ症状が解消される。
  • バリンは、筋肉たんぱく質の主成分となる。
  • ロイシンは、肝機能の増強。
    筋肉たんぱく質の主成分となる。

ローヤルゼリーに含まれている非必須アミノ酸
シスチン、グリシン、グルタミン酸、アルギニン、ヒスチジン、チロシン、アラニン、プロリン、セリン、アラギン酸、ビドロキンプロリン、タウリン、βアラニン、γーアミノ酪酸

  • グリシンは、解毒作用があり、代謝機能の向上に役立つ。

 

アミノ酸の働き
肌にはりを与え、脂肪を燃焼させ、ダイエットに役立つ。

脳の活性化・集中力の向上、疲労回復に役立ち、スタミナが維持される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2012 ローヤルゼリー解説サイト All Rights Reserved.